ページ内を移動するためのリンクです。

RUVA-93反応型紫外線吸収剤

ニーズと結合する反応型UVA

高分子材料の多様化、高付加価値化が進む中で、耐候性のニーズもますます高まりつつあり、紫外線吸収剤の性能向上が求められています。反応型紫外線吸収「RUVA-93」は、スチレン、メタクリル酸エステル、アクリロニトリル等と容易に重合し、紫外線吸収性官能基を高分子鎖に組み込むことができます。その結果、紫外線吸収剤の揮散や溶出がなく、高い安全性と長期間安定した耐候性を有するポリマーを得ることができます。

RUVA-93の特長

アクリル系を中心としたモノマーとの共重合または既成ポリマーとグラフト反応します。その結果得られる高分子紫外線吸収剤は

  1. 高温環境でも容易に蒸散しません
  2. 樹脂表面から溶出しません。
  3. 耐薬品性、耐環境性に優れています。
  4. 薄膜や繊維において長期耐候性を保持します。

塗料用途、フィルム用途及び繊維用途など、今までの紫外線吸収剤では充分満足した耐候性が得られない用途において、特徴を発揮します。

RUVA-93の用途

  • 塗料: 自動車用塗料、建材用塗料、エマルジョン塗料
  • フィルム: 保護フィルム、熱転写フィルム、包装フィルム
  • 樹脂シート: 自動車用部材、建築用部材、農業用部材、コンタクトレンズ
  • コーティング: UVハードコート、印刷用コート、カード表面コート
Radical Polymerization of RUVA-93

RUVA-93の物性

CAS No.
 96478-09-0
分子量
 323.0
外観
 白色~淡黄色粉末
融点(℃)
 95~100
純度(%)(GC面積百分率)
 >99.0

RUVA-93の紫外線吸収度 (20mg/L in CH2Cl2)

RUVA-93の紫外線吸収度