ページ内を移動するためのリンクです。

OT AZOシリーズ新規重合開始剤

安全でポリマー化、明日を見つめる重合開始剤

大塚化学は数々のアゾ系重合開始剤を提供してきましたが、新たにノンシアン系という安全性も提供します。

OT AZOシリーズとは

アゾ系重合開始剤「OTAZO-15」「MAIB」はノンシアンタイプで安全性を考慮し、油溶性、中温度域で幅広く使用できる非危険物の重合開始剤です。

RUVA-93構造式

OTAZO-15 [1,1'-Azobis(1-acetoxy-1-phenylethane)]

MAIB構造式

MAIB [Dimethyl 2,2'-azobisisobutyrate]

ノンシアン系重合開始剤の用途

 
OTAZO-15
MAIB
メタクリル酸メチル
塩化ビニル
酢酸ビニル
ABS
スチレン
アクリル酸エステル
アクリロニトリル
SBR
アクリルアミド
ポリオール
ブタジエン
メタクリル

ノンシアン系重合開始剤の性質

 
OTAZO-15
MAIB
分子量
354.4 230.3
融点 (℃)
106~110 28~33
分解点 (℃)
106~110 117~121
10時間半減期の温度 (℃)
61 67
活性化エネルギー (kcal/mol)
30 35.8
CAS No.
57908-47-1 2589-57-3
UN No.
未評価 3236
変異原性試験
陰性 陰性
分解生成物の変異原性試験
陰性 陰性
純度
>98% >98%

ノンシアン系重合開始剤の溶解性データ

 
OTAZO-15
MAIB
<0.1 <0.1
メタノール
1.6 800
アセトン
13.0 360.0
ベンゼン
19.0 670.0
トルエン
8.4 139
キシレン
4.2 67.9
n-ヘキサン
0.3 250
ジメチルスルホキシド
2.7 125
ジメチルホルムアミド
13.4 430
スチレン
9.6 136
メタクリル酸メチル
9.3 157