ページ内を移動するためのリンクです。

無機系発泡剤無機系プラスチック・ゴム用発泡剤

無機発泡剤は無機炭酸塩、重曹を主成分とした無機発泡剤

無機発泡剤は有機発泡剤とは違い製品(発泡体)における色残りや臭気もなく、品質の向上と吸熱分解となるため生産性の向上が図れます。

無機系発泡剤の特長

  1. 白色のため成形品への着色が少ない
  2. 有機発泡剤に比べて金型汚染及び金属腐食が少ない
  3. 吸熱分解のため成形サイクルの短縮が図れる

無機系発泡剤の用途

  • 建築部材、家具部材
  • ゴムロール
  • 自動車内装、外装部材
  • 家電部材

無機系発泡剤の基本物性

グレード
P-2
P-4
P-5
P-3
組成 (主成分)
無機炭酸塩 有機酸塩
分解温度 (℃)
170〜220 170〜210 150〜170 200〜250
ガス発生量 (ml/g)
100〜105 115〜125 125〜135 95〜100

無機系発泡剤のその他グレード

無機系発泡剤のその他グレード