ページ内を移動するためのリンクです。

芳香族化合物大塚化学有機合成薬品

巧みな合成技術、開花する芳香族化合物

有機電解合成法、それは酸化還元反応を自在に制御し、芳香族側鎖の段階的酸化反応、特殊還元反応、特殊アルキル化反応などに利用できる有機合成法。さらに触媒酸化還元反応、金属を介する有機合成技術を構築。大塚化学の巧みな合成技術、それは芳香族化合物という魅力的な花を開花させます。

芳香族化合物とは

大塚化学の各種芳香族化合物は、医薬品・農薬原料として、機能性高分子原料として、あるいは高分子添加剤として、ファインケミカルと呼ばれる産業分野において、多種多様な応用が期待される化合物群です。その合成手法は、有機電解合成反応、触媒酸化還元反応、金属を介する有機合成反応などあらゆる合成反応をその目的に応じて組み合わせます。

芳香族化合物の用途

  1. 医農薬原料
  2. 香料
  3. 液晶原料
  4. 機能性高分子原料
  5. 紫外線吸収剤原料

p-置換フェニル誘導体

p-ヒドロキシフェネチルアルコール (PHEP)
p-ヒドロキシフェネチルアルコール
CAS No. 501-94-0
既存化学物質 No. 3-3710
p-(2-メトキシエチル)フェノール (PHME)
p-(2-メトキシエチル)フェノール
CAS No. 56718-71-9
既存化学物質 No. 3-3711
p-ヒドロキシフェニル酢酸 (PHPA)
p-ヒドロキシフェニル酢酸
CAS No. 156-38-7
既存化学物質 No. 9-1022
レブリン酸
Levulinic acid
レブリン酸
CAS No. 123-76-2
既存化学物質 No. 2-1491
   

ピロン誘導体(食品添加用合成香料)

ピロマトール®
(2-メチル-3-ヒドロキシ-4-ピロン)
ピロマトール®
CAS No. 118-71-8
既存化学物質 No. 5-1289
ピロマトールE®
(2-エチル-3-ヒドロキシ-4-ピロン)
ピロマトールE®
CAS No. 4940-11-8
既存化学物質 No. 5-1288