ページ内を移動するためのリンクです。

環境・安全・地域貢献

CSR報告書・環境社会レポート

このレポートは、大塚化学株式会社の環境保全活動の実績と、社会的責任に関する情報を多くの皆様にご理解頂くとともに我々社員が理解を深めることを目的に、次の方針のもとに作成しました。

  • 大塚化学株式会社が事業活動を行っていく上で、どのように考え環境や社会への取り組みを行っているかを、社外の多くの関係者の方々に理解して頂く。
  • 従業員が環境や社会的責任に関して更に進んだ取組みへの認識を醸成することを支援する。
  • 今後、大塚化学株式会社が事業活動を展開していく上での意思決定、適正経営資源配分への基礎情報として活用する。

大塚グループのCSR

大塚グループのCSR

2012年より、大塚グループでは、大塚one Rreport として、CSR報告書を発刊することに なりました。
大塚化学は「大塚グループのCSR報告書」に内容をあらためご報告するものと致します。

過去のCSR報告書・環境社会レポート

品質・環境・安全衛生方針

GMP対応

GMP(Good Manufacturing Practice)とは主に医薬品メーカーが、医薬品を製造する為に守らなければならない製造管理、品質管理の基準です。
大塚化学(株)徳島工場ではβラクタマーゼ阻害剤を製造する医薬品プラントを所有しており、いち早く医薬品GMP及び米国cGMPの導入に対応してきました。
国内及び/又は米国(FDA)の行政官による査察、指導も受けつつ、お客様ならびに国際的な医療事業に貢献できるような品質保証体制の構築に日々注力していきます。

ISO認証登録

大塚化学(株)では、企業理念「信頼の構築」達成への一環として、ISO(International Organization for Standardization::国際標準化機構)品質マネジメントシステム(ISO9001),環境マネジメントシステム(ISO14001)の国際規格の導入,適合を図り、「化学製品、医薬品原楽の設計、製造及び委託製造管理」を登録範囲として、徳島、鳴門、松茂の3工場と大塚化学の全製品で認証を取得しています。

今後も更に、外部審査機関による監査も受けながら、継続的な改善を推進し、技術と心で社会(御客様)との信頼の構築を図って参ります。

  • ISO9001:2000(UKAS) 審査機関:SGSジャパン
  • ISO14001:2004(UKAS) 審査機関:SGSジャパン

地域貢献

大塚はつらつ連阿波踊りへの参加

「阿波踊り」は、日本三大盆踊りの一つで、徳島を発祥とし約400年の歴史があります。
三味線・太鼓・鉦・横笛など「鳴り物」の2拍子の伴奏にのって、踊り手の集団(この集団を「連」と言う。)が踊り歩きます。8月になると徳島県内の各地域で催されますが、徳島市(8/12~15)が県内最大規模で有名です。企業で参加する連も多く、弊社は1963年に「大塚化学連」を結成、1988年には、大塚倉庫・大塚食品の合同連として「大塚はつらつ連」に改名し約30年を迎えます。
毎年6月から8月12日の本番寸前まで、週2回の練習を重ね、社員だけでなく家族や知人も参加できるアットホームさでありながら、息の合った切れのいい踊りはグループ内からも定評があります。
本番当日は、徳島市役所前演舞場を皮切りに、次の演舞場までの路上を観客を巻き込んでの輪踊りで盛り上がり、徳島の夏を満喫します。

女踊り

男踊り

女男踊り

鳴り物

清掃活動

大塚化学の徳島地区では、地域貢献活動の一環として、毎年5月にゴミゼロ運動に取り組んでいます。徳島工場では、同敷地内の大塚食品と共同で工場の周辺や隣接する国道11号沿いを従業員とその家族でゴミを拾ったり、雑草を抜いて、クリーン活動を実施します。また、松茂工場では、松茂工業団地内の企業とともに、団地周辺や海岸沿いの清掃活動に参加しています。
これらの活動は、社内コミュニケーションのひとつにもなり、また家族での参加が次世代の環境教育にも役立つと考え、今後も継続していきます。